健康・美容飲料の製造・販売/OEM・受託製造(ISO9001・22000 FSSC22000 認証工場)

品質方針・食品安全方針

品質方針

 当社は清涼飲料製造企業として、下記に掲げた品質方針による活動を通して、お客様から最大の満足と信頼をいただき、社会に寄与していけることを目指します。

  1. 食品安全方針に従った品質活動を第一義に、これを含む品質マネジメントシステムの維持・改善のための継続的な活動を行います。
  2. 技術力、開発力を高め、顧客及び市場の多様な健康・美容ニーズと嗜好に積極的に応えられる製品を開発供給します。
  3. お客様のご要望に最大限に応えられるよう、お客様第一の立場から、製販一体となって品質活動を推進します。

食品安全方針

 当社はフードチェーンにおいて、清涼飲料製造企業として、消費者の食の安全を守る最終製品の製造者であるという自覚のもと、下記の食品安全方針を掲げ、お客様から製品の安全に対する強い信頼をいただけるよう活動します。

  1. 食品安全に関する法令・規制要求事項、並びにお客様と合意した品質・食品安全要求事項を遵守します。
  2. 安全な食品を製造供給するための社内体制として、FSSC22000に基づいた食品安全マネジメントシステムを構築し、維持し、さらに、その有効性を継続的に改善する活動を行います。
  3. 会社内及び、お客様、お取引先様、法規制当局、業界各所等との、内外コミュニケーションを通して、適時、適切に食品安全に関わる情報を、入手、発信し、これら情報を、フードチェーン全体の食品安全確保のために、また、食品安全マネジメントシステムの運用、改善のために活用します。
  4. 社員全員が、食品安全に対する意識を高め、食品安全方針に従った課題達成のために真摯に取り組みます。

株式会社ボンヌコーポレーション

ISO9001 / ISO22000 / FSSC22000

 当社は、左記の品質方針及び食品安全方針を掲げ、品質マネジメントシステムの国際規格であるISO9001及び食品安全マネジメントシステムの国際規格であるFSSC22000の要求事項に則った工場運営を行い、お客様が安心しご満足いただける製品を提供できるよう、工場の生産・品質管理体制の維持、向上のための継続的な取り組みを行っています。

ISO9001:2008 認証

ISO9001とは、顧客が求める製品・サービスの品質実現のための品質マネジメントシステムの確立と、その有効性を継続的に改善するために要求される国際規格です。

ISO22000:2005 認証

ISO22000とは、食の安全を確保するための仕組みや手順を定めた食品安全マネジメントシステムの確立と、その有効性を継続的に改善するために要求される国際規格です。

FSSC22000 認証

FSSC22000とは、ISO22000をベースに食品安全のためのより具体化した要求事項が追加された国際規格。イオン、コカコーラ、ウォルマート等、世界の流通大手が加入するGFSI(世界食品安全イニシアチブ)が取引先に求める承認スキームとなっています。

生産ライン

殺菌条件:PH4.0未満、炭酸及び非炭酸飲料に対応

小型瓶詰め生産ライン:50ml(非炭酸)、100ml〜240ml(炭酸、非炭酸) 日産7万本

大型瓶詰め生産ライン: 500ml以上(非炭酸) 日産6千本

詳しくは受託製品・生産条件

工生産・品質管理体制

小型瓶詰め生産ラインについて、原材料受入から出荷までの生産フロー及びその検査体制の概要を図示します。
大型瓶詰め生産ラインについても、機能的に同一の生産フロー、検査体制となっています。