健康・美容飲料の製造・販売/OEM・受託製造(ISO9001・22000 FSSC22000 認証工場)

アピールメッセージ

 清涼飲料水はその名称の持つイメージを超えて、健康と美容のための様々な機能を付加した製品が、美容健康食品市場に数多く投入されてきています。美容健康食品としての飲料は、錠剤・カプセルに代表されるサプリメントと異なり、単に目的の機能成分の摂取というだけでなく、飲料としての安定した品質に加え、味覚の面での飲み心地など嗜好品としての満足度が強く求められます。
 当社は、開発型の受託製造企業として、長年にわたり多種多様な美容健康飲料を手がける中で、幅広い素材の飲料への応用ノウハウを蓄積してきました。当社はお客様の求める製品の実現のために、顧客ニーズを汲み取るためのお客様とのコミュニケーションを大切にし、徹底してお客様の立場に立った製品造りを行うことを目指しています。

受託製品・生産条件

内溶液条件:PH4.0未満の炭酸飲料及び非炭酸飲料

対象品目カテゴリー(慣習的に良く用いられる呼称例として。)

健康飲料、美容飲料、栄養ドリンク、果汁飲料、酵素飲料、機能性飲料、

滋養飲料、強壮飲料、エナジードリンク、生薬ドリンク

小型瓶製造ライン

大型瓶製造ライン

※1
経済的最小ロット未満であっても、積極的にご相談に応じます。
※2
標準包装形態以外の包装、梱包形態であっても柔軟に対応します。
※3
瓶メーカーカタログに記載のもので、瓶口形状がキャップに適合すれば、ほとんどの容器が充填可能です。
500ml未満のものでも形状によっては、充填可能です。
容器、内溶液仕様、生産能力等、当社製造ラインで対応できない場合であっても、弊社提携先工場への再委託によって対応できる場合がありますのでご相談ください。

容器別の充填・生産可能な製品例は下記のとおりです。

  • 小瓶

  • 大瓶

ご相談から納品までの流れ

ご相談受付

どんなことでも、ご相談ください。

最初のご相談は、受託製造の入り口として、お客様にとって、製造委託しようとする製品企画の妥当性を確認する重要なステップとなります。
「○○○の原料を使用した飲料ができるか?」「いくら位でできるか?最小ロットは?」「美容飲料を企画したいのだが・・・」等々。ご相談を通して、技術的、能力的に当社での受託製造が可能かを判断し、受託製造取引に関わる諸条件についても、十分ご理解いただいた上で、受託業務が開始されます。
下記宛ご遠慮なくご連絡ください。
TEL:0120ー388ー432
メールでの問い合わせはこちら

開発協議

お客様との十分なコミュニケーションを取りながら
開発が進められます。

お客様の要求内容を元に、開発着手に必要な仕様の要点を明確にします。これに基づいて、内溶液処方設計の方針を立てます。
開発スケジュールについても話し合われます。開発の過程で適宜に開発協議を行い、要求内容に照らした開発内容のレビューを行います。

ラボ試作

処方設計し、開発室内で試作品を作り評価します。

テイスティング(味覚評価)の他に、並行して行う保存試験の経過観察から品質の安定性についてもチェックします。試作は短期間の内に行い、お客様からのご満足と、安定した品質の見通しが得られるまで繰り返されます。

ラインテスト

実際の製造設備を使用して製品を作ります。

ラボ試作プロセスと実際の製造プロセスとは異なるため、製造プロセスと開発製品の検証を確実なものとするために行います。内溶液の処方内容によって、本生産において製造プロセス及び製品の妥当性確認が十分に見込める場合、省略することもあります。

保存試験

時間経過による品質への影響を評価します。

時間経過による香味、色調、沈殿等の品質変化について、38℃の恒温槽内で行う(常温下1/4期間短縮を目安にした)加速試験の他に、冷蔵下、常温下においても評価します。賞味期限の評価では1年であれば3ヶ月の保存期間を目安とした加速試験を行います。

栄養分析

栄養成分表示のための分析です。

栄養成分表示等に関係して、必要とされる場合、外部検査機関によって分析を行います。

印刷物デザイン

法令に則った表示・デザインが求められます。

ラベル・包装資材等の印刷デザインはお客様の方で行い、版下データをご支給いただくことを基本としています。表示内容は、関連法規による基準、規制に従わなければならないため、当社によるチェック、情報交換を密にしながら進めて行きます。

仕様確定

開発を終え、製品仕様、製造プロセスが明確になります。

一連の開発作業を終えた段階で、製品の仕様、製造プロセスが最終的に確定し、製品製造のための仕様的、技術的諸条件が明確にされます。

契約・発注

お取引条件を契約文書化した後、ご注文をいただきます。

最初のご相談から開発協議過程を通して合意形成された内容を、契約関係書類(契約書、仕様書、見積書、発注書等)として整えた後、お客様からのご注文をいただきます。

原料・資材調達

発注書に基づき原料、資材を調達します。

お客様ご支給の原料、資材と併せ、発注書に基づいて必要な原料、資材を調達します。

本生産

安心安全な生産・品質管理体制のもとで、
製品が生産されます。

詳しくは生産・品質管理体制

納品

製品を大切に取り扱い、ご指定場所へ納品します。